hishidaの開発blog

EBシリーズ(EBPocket,EBWin,EBMac,EBStudio),KWIC Finder,xdoc2txt,読書尚友の開発者ブログ

EBPocket for iOS クリップボード変更検知によるクリップボード検索

クリップボード検索というと、大多数の方は、「他のアプリと辞書アプリを同時に立ち上げて、他アプリでテキストをコピーすれば即座に辞書引きができる」という利用方法を期待するのではないだろうか。
だが、EBPocketのクリップボード検索は、アプリケーションがアクティブになるタイミングでしか検索できなかった。
このたび、iPad のSplit Viewによるマルチタスク環境において、EBPocket for iOSクリップボード変更検知によるクリップボード検索が、やっとできるようになった。


iOSのペーストボードには、次のように変更を検知する機能が元々ある。

[[NSNotificationCenter defaultCenter]
     addObserver:self
     selector:@selector(pasteboardChanged:)
     name:UIPasteboardChangedNotification
     object:[UIPasteboard generalPasteboard]];

ところが、Split Viewで別のアプリがペーストボードを変更しても、このNotificationは発火しない。このため、てっきり変更検知はできないと思い込んでいた。
ところが最近、「物書堂の辞書アプリではできている」という報告をいただいた。物書堂さんができているなら、EBPocketでもできないはずはない。

色々方法を探ったところ、結局、次の記事の方法で解決した。単純にタイマーで定期的にペーストボードの内容をチェックするだけだ。

stackoverflow.com

1つ注意点は、iOS14以来、他のアプリが書き込んだペーストボードの情報を読み込むと、"EBPocketに○○からペースト"みたいなアラートが表示されることである。
このため、実際に変更された場合だけ読み込むようにしないと、タイマーの間隔毎にアラートが表示されることになってしまう。そこで、ペーストボードのchangeCountを見て、数字が変わったときだけデータを取得する。

実は上記のコードには、一部コンパイルできない箇所があるので、実際に使ったコードを以下に示す。
クリップボード監視を開始するときにstartCheckingPasteboardを呼び、終了時にstopCheckingPasteboardを呼ぶ。

@property (strong, nonatomic) NSTimer   *pasteboardCheckTimer;
@property (assign, nonatomic) NSUInteger pasteboardchangeCount;


- (void) startCheckingPasteboard{

    _pasteboardchangeCount = [[UIPasteboard generalPasteboard] changeCount];


    //Start monitoring the paste board
    _pasteboardCheckTimer = [NSTimer scheduledTimerWithTimeInterval:1   //  1s間隔
                                                     target:self
                                                   selector:@selector(monitorBoard:)
                                                   userInfo:nil
                                                    repeats:YES];
}

- (void) stopCheckingPasteboard{

    [_pasteboardCheckTimer invalidate];
    _pasteboardCheckTimer = nil;
}

- (void) monitorBoard:(NSTimer*)timer{

    UIPasteboard *_pasteboard = [UIPasteboard generalPasteboard];
    NSUInteger changeCount = [_pasteboard changeCount];
    if (changeCount != _pasteboardchangeCount) { // means pasteboard was changed
        _pasteboardchangeCount = changeCount;

       if ([_pasteboard hasStrings]){
            NSString *newContent = _pasteboard.string;

            [self tryToDoSomethingWithTextContent:newContent];
        }
    }
}

- (void)tryToDoSomethingWithTextContent:(NSString*)string{
    //    取得したペーストボードの内容で処理を行う。

}

 

iOS16のペーストボードの挙動について(EBPocket for iOS)

iOS16以降、他のアプリケーションでコピーした内容をペーストボードからペーストしようとすると、許可を求められるようになった。EBPocketでクリップボード検索をすると、次のような確認ダイアログが毎回表示され、非常にうっとうしい。

iOS16.0.2で「一部のユーザーにプロンプトが過剰に表示される問題」を解決したというアナウンスがあったが、EBPocketには効果が無かった。

iOS16.1からは、挙動を変更するオプションが設定画面に表示されるようになった(一度でもペーストの許可のダイアログが表示された後、オプションが表示される。初期状態ではオプションはない)。

設定アプリケーションからEBPocketを選ぶと、次のように「ほかのAppからペースト」という項目が追加されており、確認・拒否・許可から選択できる。

ここを許可にすると、確認ダイアログは表示されなくなる。ただし「"EBPocket"に○○からペースト」というメッセージが短い時間表示される。

 

読書尚友の注記対応、その他

読書尚友 Android版の公開から10年経っても、いまだに未対応の注記が見つかるので、徹底的に問題を潰したいと思って、下記の公式の組版案内に基づいて対応状況を調べてみた。

kumihan.aozora.gr.jp


青空文庫 組版案内

その結果、新たに対応した注記は以下の通り。

  • 「字詰め」中の「囲み」「地寄せ」(『蟹工船小林多喜二、『不連続殺人事件』坂口安吾)
  • 「ここから○字下げ、折り返して●字下げ」
  • ブロックでの「地付き」「地寄せ」
  • 「○段階小さな文字」(あるいは大きな文字)の入れ子(『他計甚麽(竹島)雑誌』松浦武四郎

最終的に、読書尚友で完全に対応できていない注記は以下のみだと思う。

  • 改丁、改段(いずれも改ページとして処理する)
  • 窓見出し(同行見出しとして処理 ※実例はほとんど見たことがない)
  • 縦中横(ただし2桁の数字は自動縦中横で表示するので、ほとんど対応)
  • キャプション(本来は図の下に表示するが、左側に表示している)

さて、注記対応と同時に、有償版の本棚に登録しているお勧め図書一覧も更新した。この10年で重要コンテンツが増加し、見直しが必要になったからだ。(吉川英治山本周五郎米川正夫訳のロシア文学等)
100冊に絞りたかったが、どうしても絞りきれなくて以下のラインナップになった。まずまず無難なところだと思っているが、どうだろうか。

http://ebstudio.info/manual/BookViewer/internal.html

読書尚友 AndroidX対応

Android ではOSバージョンの下位互換性を確保するためにサポートライブラリというものがある。例えばFragmentはAndroid OS3.0から導入された機能だが、それより以前のAndroidの利用者はFragmentを使ったアプリを実行できない。そこで、標準ライブラリ版のFragmentとは別にサポートライブラリ版のFragmentがあり、サポートライブラリを使うと過去のAndroid OSでも実行することができる。サポートライブラリは便利なので、新機能の追加はほとんどサポートライブラリで提供されてきた。
ところがAndroid OSもバージョンを重ねる毎に、サポートライブラリも肥大し続け、複雑になりすぎたため、Googleはサポートライブラリのメンテナンスを28.0で打ち切り、AndroidX( Android Jetpack )という新しいライブラリを導入した。今でもサポートライブラリを使用することはできるが、なるべくAndroidXに移行することが望ましいとされている。(Android Jetpack はkotlin言語からも利用できるように設計されている)

今回、読書尚友をAndroidXへ移行させたので、防備録として手順を記録しておく。といってもほとんどGoogleの推奨の手順通りで移行できた。

developer.android.com

  1. 移行する前に、サポートライブラリの最終版であるバージョン 28.0.0 まで上げる。
  2. Android Studio 3.2以上では、AndroidXへマイグレーションするツールがあるので、これを使用する。
    メニューバーから [Refactor] -> [Migrate to AndroidX] を選択する。変換候補が表示されるので、 [Do Refactor]を押して実行する。大体はこれだけで変換できる。
  3. 変換漏れがあった場合、.java と .xml 内のパッケージ名を、個別にサポートライブラリのパッケージ名から対応するAndroidXのパッケージ名に修正していく。(クラス名は共通なので変更の必要は無い。)

読書尚友の場合、android.support.v4.*は変換できたが、なぜかandroid.support.v7.*が変換されずに残ったので、手作業で修正が必要だった。全体的にはスムーズにAndroidX化ができた。

なお、AndroidXとサポートライブラリのパッケージ名の対応は以下の通り。

developer.android.com

AndroidXを利用するメリットとして、Android Jetpackの新しい機能が利用できるようになることがある。たとえば、Jetpack Composeという新しいUIツールキットがある。これはSwiftUIのような宣言型のフレームワークであり、より簡単にUIが書けるようになることが期待されている。
もっともCompose自体がまだ頻繁にアップデートされている状態だが、部分的に導入できればいいと思っている。

EBPocket Free for iOS 5年ぶりに更新

Googleから、「Google Mobile Ads SDK のサポート終了スケジュール」というメールが届いた。

developers.google.com

ようするに、Google Mobile Ads SDKにはサポート期間があり、新しいバージョンが出ると3世代前のバージョンのSDKは広告が配信されなくなる。Google Mobile Ads SDKを用いて広告を表示しているアプリは、アップデートを怠ると、広告の配信が止まって広告収入が途切れてしまうと言うことだ。

慌ててGoogle Mobile Ads SDKのバージョンを調べてみると、次のようになっていた。

  Ads SDK サポート終了日 廃止日
EBPocket Free android 9.2.1 2024年第1四半期 2025年第2四半期
EBPocket Free iOS 7.1.0 2022年9月30 日 2023年第2四半期

EBPocket Free for iOSは、このままでは来年第2四半期で広告が止まってしまうので、Google Mobile Ads SDKのバージョンを v7 から v9 に上げることにした。さすがにメジャーバージョンが2つも違うと、関数名や定数名が変わっていてそれなりに対応は大変だった。

EBPocket Free for iOSは最後のリリースが2018年1月で、なんと5年近くもアップデートしていなかったことになる。さすがにソースが古くなったので、現在のEBPocket Pro for iOSのソースからFree版を再作成した。おかげでダークモードやApp Extension による共有など、新しめの機能を追加することができた。

なお、App StoreGoogle Playも、アプリ名称に "free" という価格を表す文字列を入れることができなくなっているので、EBPocket Freeという名称では提出できない。このため、フリー版のアプリ名を、 * Lite に統一することにした。

EBPocekt Lite for Android
EBPocekt Lite for iOS
読書尚友 Lite for Android

EBシリーズについて、今後大きな機能追加は考えていないが、OSのバージョンアップに伴う改訂は可能な限り続けるつもりでいる。

 

EPWING版『ジーニアス英和大辞典』の表示問題について(解決編)

EPWING版『ジーニアス英和大辞典』はEPWINGを代表する大型辞書の一つだが、EBWin4を始めEBシリーズで使用するときに、困った問題が2つある。

問題1:「項目毎」や「全ての項目」表示で、説明が途中までしか表示されない

例えばtakeを検索すると、連続表示*1では当然全ての説明が表示されるが、「項目毎」や「全ての項目」表示の場合、途中で表示が途切れてしまう。

takeを項目毎で表示

最近では以下のサイトでも指摘されている。

baldhatter.hatenablog.com

これはEPWING版『ジーニアス英和大辞典』自体の問題で、通常は検索語の区切りを意味する検索キー記述子(1F41)が、本文中の1,2,3,a,b,のような項番号毎に使用されているからである。
解決方法は、次のように辞書毎の設定でストップコードに 1F090001 を指定する。

辞書の編集でストップコードを指定する

1F09という記述子は、字下げ指定で、1F01 0001 は1字目(=字下げ無し)の意味だが、ジーニアスの場合はこれが項目区切りの代わりとなる。
これで「項目毎」および「全ての項目」表示で、項目の説明が終わりまで表示される。

ストップコード指定後の項目毎表示。説明文が途切れない

問題2:成句を検索したとき、見出しが表示されず説明から表示される

例えば、"take away"を検索すると、次図のように、本文中に見出しが表示されず、説明から表示される。

これは前方検索インデックスの指す本文アドレスが、見出しの次の本文位置を指しているからである。
明らかに辞書側の問題である。

この問題は2017年頃にEBシリーズサポート掲示板でも取り上げられている。

EPWINGジーニアス英和大辞典の表示

EBPocket / EBWin サポート掲示板(終了:閲覧のみ可)

掲示板にもあるように、佐藤様が辞書自体を改編するperlスクリプトを公開してくださっている。 

ジーニアス英和大辞典」の派生語表示修正スクリプト]

http://babelkund.php.xdomain.jp/palm03.html

このスクリプトで改編したHONMONを検索した結果がこちらである。見事に見出し語から表示されている。

なお、記事ではActive Perlが使用されているが、現在はActive PerlのFree版は入手が難しいので、strawberry-perlが代用できる。

strawberryperl.com

この記事を書くに当たり、strawberry-perlで「ジーニアス英和大辞典」の派生語表示修正スクリプトを実行してみたが、問題なく使用できた。
このスクリプトは現在でも使用できるので、perlをインストールする労を厭わない方は、ぜひ試してみられることをお薦めする。

 

*1:EPWINGの本文というのは紙の書籍のように1ページ目から最終ページまで一つの本文になっており、項目の区切りには目に見えない識別子のコードが入っている。それで本のように連続表示するか、辞書の項目毎に表示するかをソフト側で選べるようになっている。これが「連続表示」と「項目毎表示」の違いである。「全ての項目」表示というのは、EBWin4、EBMac,EBPocketの独自のモードで、複数辞書を串刺し検索したときに、辞書毎に一致した項目を連結して表示するモードである。Logophileの「統合表示」に相当する。

macOS Monterey12.6でEBMacの外字が表示されない【解決】

macOS Monterey12.6でEBMacの外字が表示されない」という報告を受け、Macbook AirmacOSをMonterey12.5から12.6に上げたところ、外字ビットマップが全て豆腐になってしまった。

どうもMonterey12.6の問題らしく、海外でも話題になっていた。24bit未満のbmpが表示できないらしい。

discussions.apple.com

次のmacOS Venturaでは表示できるという情報もある。いずれ対応されると思うので、EBMac側ではmacOSの対応を待つこととする。

 

P.S.

この問題はiOS15.7上のEBPocketでも起きていることを確認した。iOS16.0では起きない。

developer.apple.com

iPhone7以前、SE初代、iPad mini 4、iPad Air 2の方は、iOS16にはアップデートできないので、iOS15.7は決してインストールしないようにお薦めする。iOS15.6は署名が取り消されているので、いったん15.7に上げると、二度とダウングレードできないので、積んでしまう。(2022/10/15)

P.S.

2022/10/19に開発者向けに公開されたiOS15.7.1RCをテストしたところ、上記の24bit未満のbitmapが表示できない問題が修正されたようだ。EBPocketで問題なく外字が表示できることを確認した。正式版は10/25にリリースされるとのことなので、しばらくお待ち頂きたい。(2022/10/20)

P.S.

10/25にmacOS Monterey12.6.1がリリースされ、bitmapが表示できない問題が解消していることを確認した。セキュリティアップデートとなっているが、しれっと直してきた。やっぱりバグだったのか。