hishidaの開発blog

EBシリーズ(EBPocket,EBWin,EBMac,EBStudio),KWIC Finder,xdoc2txt,読書尚友の開発者ブログ

Nexus 5 恐怖の無限ループからの脱出

数ヶ月前からNexus5 の挙動がおかしくなり、勝手に再起動する現象がたまに起きていた。だましだまし使っていたが、ついに起動時に無限ループが起きるようになった。起動時のGoogle のロゴが表示されたところで再起動し、これが無限に繰り返される。電源と音量ボタンを同時に押してもダメ。万事休すだ。
この症状はNexus5では割と有名らしい。原因については諸説あり、Android6.0.1にファームアップした機種で起きやすいとか、バッテリが劣化すると起きるとか、電源スイッチの接触不良とか、いろいろと言われている。
スマホがないと仕事に差し支えるので、しかたなくBic cameraに駆け込んで、発売されたばかりの ASUS Zenfone 3 laserを衝動買いしてしまった。これ自体は非常によい機種だが、ポイントが1%しかつかないので、あまり賢くない買い方をしたかもしれない。少なくともASUSのサイトから購入すれば、純正ケースがもらえたらしい。P9 liteのほうが安価だが、Nexus 5から移行するためにはmicro SIMからnano SIMに交換しないといけない。Zenfone 3 laser はmicro SIMとnano SIMの両方に対応しているので(ただしダブル待受はできないが)、Nexus 5のmicro SIMをそのまま差し替えられる。

さてNexus5の方だが、発売当初に購入したのですでに3年は経っており、バッテリが劣化している可能性は高い。そこで自分でバッテリを交換してみる事にした。Nexus5 の純正バッテリを入手することはできないが、Amazonで互換バッテリを簡単に入手できる。交換にはコテやY字ドライバが必要らしいので、工具と一緒になったセットを買ってみた。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01KE082LY/ref=oh_aui_search_detailpage?ie=UTF8&psc=1
(細かな手順は写真付きの親切なサイトがたくさんあるので省略するが)イヤホンのあたりからコテを差し込んで裏蓋を剥がし、Y字ドライバでネジを6本外し、コネクタを外して、やっとバッテリを外せる。バッテリは超強力な糊で固定されており、壊すのではないかとヒヤヒヤした。
なんとかバッテリ交換して起動してみたが、起動無限ループの症状はまったく同じだった。うーん、バッテリではなかったのか。
あらためて検索してみると、「起動時に電源スイッチを連打する」と直ったという事例がたくさん報告されている。半信半疑で電源スイッチを押してみること10分、なんと起動したではないか!
一度起動すれば、あとは何事もなかったかのように使用出来る。ひょっとしたらバッテリ交換は必要なかったかもしれない。だが3年も使用すれば確実に劣化しているはずなので、ちょうど替え時だったと思う。

Zenfone 3 laserも Nexus5 と同じく Android 6.0.1だが、新しい機種なので、きっとAndroid 7.0のアップデートがくると信じている(アナウンスはされていないが)。
Nexus 5 はAndroid 6.0.1の実証機として、動態保存する予定である。

P.S.
その後、再起動ループが再発するようになったので、原因はバッテリではなかったらしい。Nexus5は泣く泣く廃棄することになった。(2017/03/21)