hishidaの開発blog

EBシリーズ(EBPocket,EBWin,EBMac,EBStudio),KWIC Finder,xdoc2txt,読書尚友の開発者ブログ

電子書籍ビューアの選択について

司馬遼太郎の『龍馬がいく』の電子書籍化が決まるなど、ちょっとずつ電子書籍の普及が進んでいるようでうれしい。
こうなるとユーザの立場としては、どの電子書籍端末あるいは電子書籍ビューアを選択するかが悩みになってくる。
メジャーなものだけでも、Amazon kindle楽天koboGoogle Play Books、Apple iBooks,紀伊国屋kinoppy、SHARPGALAPAGOSなどがある。
おそらく出版社側では、電子書籍化にあたって、なるべく全てのストアで販売することになると思う。
選択の基準としては、できるだけ多くのプラットフォームでビューアがサポートされていること、使い勝手がいいこと、今後もストアのサポートが続くこと(少なくとも自分の余命まで!)になるが、これが決定版といえるものはない。

GALAPAGOS

GALAPAGOSはストアの品揃えもよく、ビューアの使い勝手もいいのだが、唯一最大の欠点がフォントである。ハードメーカー主導という事情もあるだろうが、Android版ではSHARP以外の端末ではシステムフォントで表示される。ところがAndroidはrootを取らないとシステムフォントを替えられない。結局きれいなフォントで読みたければ、SHARP端末を買えということになる。
iOS版のGALAPAGOSビューアは明朝(たぶんIPA明朝)を選択できるので、AndroidでもせめてIPA明朝を同梱してもらえないだろうか。あるいは、アプリ内課金でSHARP謹製のフォントを販売していただいてもいい。少なくとも私はよろこんで買う。このフォントの問題がある限り、GALAPAGOSはお勧めできない。もちろん書籍ではなく漫画を読むならこの限りではない。

楽天kobo

楽天koboは専用端末のEPUB3対応について、このブログで色々文句を書いたが、Android版のビューア自体は結構読みやすく、楽天ポイントで本を買えるメリットもあって、個人的には一番利用している。

電子書籍の未来

きっと実現しないとは思うのだが、複数ストア対応の標準ビューアができれば、どこのストアから買ってもよくなるのだが。APIと認証手順を統一すれば、不可能ではないと思う。
電子辞書の世界でEPWING・電子ブックで実現しかけたことが、電子書籍でできないだろうか。
もう一つ注文したいこととして、DVDでは買取とレンタルがあるように、電子書籍も期限付きで価格の安いレンタル本が実現しないだろうか。技術的には全然問題ないので、あとは出版社の許諾の問題だけである。