hishidaの開発blog

EBシリーズ(EBPocket,EBWin,EBMac,EBStudio),KWIC Finder,xdoc2txt,読書尚友の開発者ブログ

松下電器産業とソニーが、電子書籍から撤退


電子書籍端末売れず──ソニーと松下が事実上撤退

松下電器産業ソニーが、専用端末を使った電子書籍から撤退する」との報道。ΣBookは数千台程度、Words Gearは約2400台しか売れなかったという。

失敗の原因は、明らかで、電子書籍のコンテンツの数が少なく、かつ紙の書籍と価格差があまりない。さらに著作権保護のために利便性が低い。これでは成功するわけがない。

さらにソニーの場合は貸本形式という戦略上の失敗もあったのではないか。雑誌は読み捨てだから貸本でもいいが、書籍はやはり自分の持ち物の感じが強い。貸本を成り立たせるなら、ラインナップの充実が不可欠だったろう。


もっとも、これで電子ペーパーを用いた電子書籍端末の未来が無くなったわけではないと思う。Amazon.comアメリカで発売した電子書籍端末「Kindle」は売り上げが好調らしい。端末の機能としてはLIBRIeとそれほど違いはない。違いは、9万冊以上の書籍や雑誌、新聞が直接ダウンロードできる利便性にある。

日本でなぜKindleのような端末が登場できないのかと言えば、日本の旧態依然たる書籍の流通の仕組みにあると思う。著者→出版社→取次→小売り書店→顧客という流通経路のうち、電子書籍は、取次、小売り書店を中抜きしてしまう(印刷、製本業者も不要となる)。さらに著者が直接HPで販売するようになれば、出版社すら中抜きされる。電子書籍の普及は書店業界にとって構造改革になる。

だが、旧世代の既得権者を保護するために、技術の進歩を押しとどめることは、ろくなことにならない。取次も書店も、ネット時代の流通に合わせて変わっていくべきなのだ。

電子書籍の潮流は、これで終わったわけではない、と信じたい。日本の住宅事情では万巻の書籍を家における人は限られている。PDAスマートフォン電子書籍端末やiPodのような携帯端末で、場所を選ばずに読書できるというのは、読書家にとっての夢である。