hishidaの開発blog

EBシリーズ(EBPocket,EBWin,EBMac,EBStudio),KWIC Finder,xdoc2txt,読書尚友の開発者ブログ

W-ZERO3[es]

W-ZERO3[es]のアクセサリを秋葉原で購入。Book W-ZERO3(専用ケース)、充電兼シンクケーブル、miniSD 2GB、平型イヤホンジャック→丸形変換コネクタ、液晶保護シール。Book W-ZERO3はなかなか傑作だと思う。本体とはゴムで止めるのだが、キーボードの開閉のときのがたつきがなくなるというメリットもある。
やっぱりX50vと2個持ちはつらいので、思い切ってW-ZERO3[es]に全部乗り換えることにした。今日は環境構築に費やす。
画面の小ささには慣れてきたが、やはりこのキーボードだけは好きになれない。買う前から分かっていることだが、慣れで解消されるかと思っていたけど、慣れそうにない。これで文を打つのはかなりつらい。Zaurusや電子辞書のキーボードのほうがはるかに打ちやすいと思う。

  • まず、扇形にする必要がない。親指で打つから扇形にしたのだと思うが、必ずしも人間工学的ではない。特に、FとGの間で左右が分かれているのはもってのほかだ。[es]からFとJの表面に突起が付くようになったので、余計におかしさが目立つ。どうしてもデザイン的に真ん中から分けたいなら、GとHの間で分けるべきだ。キーを見ながらでないと打てないため、タッチタイピングが不可能で、非常にストレスがたまる。
  • キーとキーの間隔がせまく、かつキーが非常に堅いので、指の腹で押すと上下左右のキーを一緒に押してしまう。指の爪で押す必要がある。
  • [es]のサイズなら、テンキーはいらない。むしろ一つ一つのキーを大きくした方が打鍵ミスが減る。
  • 常にATOKがOnなので、単に英字を打ちたいときに予測変換が邪魔。これはAtokをOffするツールがあるらしい。

ちまたでは新機種の噂が出回っていて、10キーがなくなるという話しだが、キーボードレイアウトが改良されているとうれしいが。