hishidaの開発blog

EBシリーズ(EBPocket,EBWin,EBMac,EBStudio),KWIC Finder,xdoc2txt,読書尚友の開発者ブログ

Android

読書尚友 Text-to-speech対応

家電量販店で現在発売中のAndroidスマホ最新機種を調べたところ、どうやら現行の機種は全て標準で日本語読み上げエンジンに対応しているようだ。 (設定→「言語と入力」→「テキスト読み上げの出力」→「優先するエンジン」→「Googleテキスト読み上げエンジン」…

EBPocket for Android pro Text-to-speech サポート

Text-to-speechはテキストの読み上げ機能で、Androidでは1.6から早くもAPIが提供されていた。だがAndroidの標準のテキスト読み上げエンジンは、英語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語しかサポートしておらず、日本語の読み上げを行うためには…

読書尚友のAndroid 7.0対応について

Google Developer Consoleで読書尚友のAndroid OS別のシェアを見ると、7.0 nougatのシェアがいつのまにか15%まで増えていた。 現在使用しているASUS Zenfone 3 laserは、海外では4月から7.0の配信が始まっているが、国内ではいつ配信が始まるのか全くわから…

読書尚友のPDFサポート 他

PDF対応について 「読書尚友のPDF対応を開発中」という記事を2015年8月に載せてから、1年半も経ってしまった。 2015-08-26 - hishidaのblog おさらいすると、Android用のPDF用ライブラリはmuPDFをはじめGPLのものが多く、ソースの公開義務が生じるので、なか…

読書尚友とEBPocket for Androidをsplit-screenに対応させた

Android7.0 Nougatからsplit-screenの機能が加わっているが、読書尚友とEBPocket for Androidをsplit-screenに対応させてみた。 といっても日常的に使用しているZenfone 3 laserにはまだAndroid7.0アップデートが来ないので、エミュレータでの動作確認になる…

Nexus 5 恐怖の無限ループからの脱出

数ヶ月前からNexus5 の挙動がおかしくなり、勝手に再起動する現象がたまに起きていた。だましだまし使っていたが、ついに起動時に無限ループが起きるようになった。起動時のGoogle のロゴが表示されたところで再起動し、これが無限に繰り返される。電源と音…

読書尚友・EBPocketをマテリアルデザインに対応

Androidアプリの読書尚友とEBPocketを、マテリアルデザインに対応してみた。 マテリアルデザインはiOSなどのフラットデザインに似ているが、画面のパーツが現実世界の素材のメタファになっており、厚みや奥行き、重なり、質量を持つ。 GoogleはGoogle I/O 20…

EclipseからAndroid Studio に乗り換えた

Androidの開発環境は当初はEclipse+ADTプラグインだったが、現在はGoogle公式の開発環境はAndroid Studioになっており、ADTの更新は2015年末で終了している。Andoroid Studioに乗り換える必要を感じていたものの、NDKの移植がうまくいかないために、延び延び…

Android WebViewのズームコントロールを非表示にする

EBPocketでAndroid3.0以降本文のズームができないという問題があって、最近やっと解決方法がわかったのでメモしておきたい。まず、AndroidでWebViewを使用したアプリでピンチイン・ピンチアウトによるズームを行う場合、次の方法で可能。 WebSettings webSet…

eclipse+ADTの環境がグダグダな件

androidの開発環境は当初eclipse+ADT(Android Developer Tools)が標準だったが、現在ではAndroid Studioが標準の開発環境になっており、Android DevelopersのページからはAndroid Studioをダウンロードするようになっている。 Download Android Studio and S…

ADT Bundle Eclipse がなくなった件

最近のAndroid開発環境について。 1) Project Build TargetをAndroid 5.0にするには、JDK7.0が必要。 Material Teameを試そうとしてはまりました。JDK6.0だとエラーになります。 2) ADT Bundle Eclipse がなくなった Android Studio が正式版になったと同時…

EBPocket free for Android 広告化の件

大変恐縮ながら、iOS版に引き続き、EBPocket freeの Android版も広告付にさせていただくことにしました。 コードベースは最新版のpro版と同じにし、バグフィックスは同一タイミングで行う。 pro版と比較しての機能制限は若干緩める。インクリメンタルサーチ…

読書尚友 imgタグ

青空文庫の仕様にはないが、<img src=" .. ">の形式の画像にも対応することにした(まずはpro版から)。i文庫でサポートしているためか、個人作成の文書で使われている例がたまにあるので。

読書尚友 進展

最近の主要なアップデートについて。 1) 画像外字 『黒死館殺人事件』では、本文中に外字が埋込画像で表現されている。青空文庫の注記の規則には明記されていないと思うが、実際に使われているので対応してみた。 2) Storage Access API Android 4.4からStor…

読書尚友 青空文庫の一括ダウンロードについて

「読書尚友」に青空文庫全データの一括ダウンロードの機能を追加する件について、現時点での方針が固まった。 次の三通りの方法で提供する。 「読書尚友」有償版にダウンロード機能を追加する。青空文庫のサーバーからではなく、EBシリーズのサーバーに全デ…

窓の杜で『読書尚友 free』紹介される

窓の杜のAndroid研究室で『読書尚友 free』が紹介された。 第172回:“青空文庫”が楽しめる電子書籍ビューワー「読書尚友 Free」 - 杜のAndroid研究室 - 窓の杜 一日のダウンロード数が、ほぼ10倍になった。メディアの影響はやはり大きいと実感。今後はユーザ…

Nexus5 + Bic SIM

au の契約が来月1月で2年目を迎えるので、機種変更かMNPか、今後の移行先を検討していた。最近になって Nexus 5(Android4.4)でのアプリの不具合の報告があったので、思い切って Nexus5 + MVNOの格安SIMを導入してみた。 MVNOも各社から様々なプランが出て…

読書尚友 pro - 公開

Android 用青空文庫ビューア『読書尚友』有償版を本日公開した。 https://play.google.com/store/apps/details?id=info.ebstudio.bookviewer.pro&hl=ja free版との違いは、広告の非表示、簡易ePub3対応、画像zip対応、複数本棚である。 画像zip対応について …

読書尚友 pro - 開発中の機能(2) 目次・検索・しおり

他の読書ビューアを参考に、目次、検索、しおりをタブ切り替えにしてみた。(以下は開発中のpro版の画面です。free版も時間差はありますが同等になる予定です) 目次 検索 しおり(書籍中に複数つけられる) ePub対応に手間取っているが、縦書きでePub3を表…

読書尚友 pro - 開発中の機能(1) ePub,画像zip

ePub対応 ePubビューア機能を実装中。以下はサンプルのePub文書の表紙。 cssまで含めた完全なePubビューアを作ると大変なことになるので、とりあえずは文字を欠落無く縦書きできるレベルを目指す。 画像zip 自炊した画像からなるzipファイル。これを実装する…

読書尚友を公開して

GooglePlayについて GooglePlayの「読書&文献」のカテゴリでリリースしたが、このカテゴリの問題は、青空文庫の書籍単品をアプリ化したものが大量にあって、新規ソフトが埋もれてしまうこと。「青空文庫」で検索すると、初日は300位ぐらい、翌日は200位まで…

Android版テキストビューア『読書尚友』Free 公開

Android版テキストビューア『読書尚友(どくしょしょうゆう)』Freeを公開しました。 https://play.google.com/store/apps/details?id=info.ebstudio.bookviewer.free&hl=ja広告付きですが、広告の無い有償版(予価350円)を近日中に公開予定です。 『読書尚友…

Android版テキストビューアについて(8)

横書き。傍点(、)は横書き時は(・)に変換している。 傍点・傍線をフルサポート。背景色も、白・セピア・和紙風から選べるようになった。「源氏物語」とか似合いそう。 DownloadManagerによる一括ダウンロード(Android2.3以降)。ただし青空文庫の全書籍を…

Android版テキストビューアについて(7)

今はやりの、左からスライドさせるサイドメニューに対応してみた。 Support Library-v4のDrawerLayoutを使用。android 1.6以降動作を死守しようとしているので、色々開発に制限が多くて大変(なんといってもIS01をまだ持っているからね)。ActionBarSherlock…

Android版テキストビューアについて(6)

本棚。棚になっていないので背景木目というべきか。GridViewをスクロールしても背景画像がスクロールしないので手を抜いた結果だが、意外に悪くない。

Android版テキストビューアについて(5)

どなたがご覧になっているのかわかりませんが、進捗を報告。 機能的には、Android用の縦書きビューアとして最有力の一つになると思う。 分野別に対応したアプリはあまり見ない。また、青空文庫協賛テキストでHTMLしかないものはi文庫Sでも表示できないが、こ…

Android版テキストビューアについて(4)

開発開始から一ヶ月経過した。進捗の報告。どんなもんでしょうか。 挿絵(「あのときの王子くん」サン=テクジュペリ) 複雑な字下げ(「飢餓陣営」宮沢賢治) 返り点(「三国志」吉川英治) 返り点(「言志録」佐藤一斎) くの字点(「士族の商法」三遊亭円…

Android版テキストビューアについて(3)

1)青空文庫の作者一覧からの作品の選択、2)zipのダウンロードと表示ができるようになった。(アプリ名はまだ仮名であり、UIも暫定版です) 前回の縦書きビューアの部分と合わせると、青空文庫ビューアとしての最低限の要件は満たしているのだが、もうしばら…

Android版テキストビューアについて(2)

開発を始めて約2週間が経過。縦書き表示、禁則、ルビ、外字注記(第3水準、第4水準、Unicode)、青空プロバイダとの連携、内蔵ファイルブラウザ、までできた。 ルビの位置が美しくないが、リリースまでには調整する予定である。まだ、大量の開発項目が残っ…

今後の予定 - Android版テキストビューアについて

EBPocket for WinRTは、とりあえずWindows8版を公開できたので、開発をいったん凍結しようと思う。(細かなバグ修正はもちろん行う)半年か一年して、WindowsRT機が格安で入手できれば、再開するかもしれない。次の予定として、Android用の青空文庫ビューア…