hishidaの開発blog

EBシリーズ(EBPocket,EBWin,EBMac,EBStudio),KWIC Finder,xdoc2txt,読書尚友の開発者ブログ

映画

僕は明日、昨日の君とデートする

青春恋愛映画の名手といわれる、三木孝浩監督の最新作。この監督のすべての作品を見たわけではないが、『陽だまりの彼女』『くちびるに歌を』は特にお気に入りである。今年は『青空エール』とこの2作品が公開され、三木監督ファンとしてはうれしい限りだ。 …

最近見た映画の感想

永遠の0 安倍首相も見た大ヒット作。不覚ながら、途中から涙が止まらなかった。左翼的な反戦でもなく、極右的な戦争肯定でもなく、当時、国と家族を守るために戦い死んでいった青年達をリアルに描いていると思う。作中で主人公に語らせているが、殺戮兵器で…

『奇跡のリンゴ』

映画は洋画派だったが、最近、観たい映画がない週には、邦画も観るようになった。 『奇跡のリンゴ』は事実に基づく映画化ということなので、良作の予感がして観てみたが、個人的には当たりだった。 面白かったので映画鑑賞後に原作も読んでみた。映画のエピ…

『舟を編む』

2012年の本屋大賞の原作の映画化。辞書づくりの課程を丁寧に描写しており、登場人物が全員善人で、ほんわかした良作だった。 作中で編纂される『大渡海』は二四万語の広辞苑・大辞林・大辞泉クラスの中型辞典なので、作中で用例採集していたような若者の流行…

黒部の太陽

石原裕次郎の『黒部の太陽』がDVD化されたので、早速レンタルで見た。石原裕次郎が「映画館で大画面で見てほしい」と言ったとかでDVD化されなかったが、かといって映画上映の機会がそれほどあるわけでもなく、幻の作品だった。当時子供時代に、リアルでテレ…

最近見た映画

Time ミヒャエル・エンデの『モモ』の時間泥棒をハードSFにしたものかと思ったが、期待はずれだった。「時は金なり」を時=通貨=命に置き換えた着想は面白いが、仕上がりはチープ。資本主義の格差を、寓話的に「時間の格差」に置き換えただけに見える。銀行…

はやぶさ

i文庫Sの本棚を何気なく眺めていたら、「はやぶさ君の冒険日誌」があるのに気がついた。さっそくダウンロードして読んでみると、これが結構面白い。 興味がわいて、映画「はやぶさ/HAYABUSA」を見て、ついでに有楽町東京国際フォーラムの「はやぶさi」で1/2…